樫本の社会活動

不動産後見アドバイザー

東京大学の市民後見人養成講座受講中に、受験を募られていた
「不動産後見アドバイザー」の資格を取得しました。

宅建を持っていないので、不動産関連が不安でしたが、
家庭裁判所から樫本家の相続を任されたはずの弁護士が、不動産登記ド素人だったので、
私が自ら、相続登記の手続きをした経緯もあり、
講座(「東京大学教育学研究科生涯学習論研究室」との共同研究に基づき監修)を受講し、
勉強してなんとか合格できました。

どういう資格かというと、全住協のサイトによると以下の通り。

 超高齢社会において、判断能力が不十分な方や住宅確保要配慮者などについて、その住生活の向上および不動産取引の円滑化を図るため、それらの対象者に配慮しながら業務を行うための知識を身につけ、権利擁護を念頭に対象者の相談対応や支援を行いつつ、不動産関連取引を適切かつ適正に遂行できる人材を養成する。

全国住宅産業協会HP 不動産後見アドバイザー

最近、経験者として、相続で相談されることが多くなりました。
話題になりやすい年齢になってきたということでしょうか。
社会貢献ができれば幸いです。

-樫本の社会活動

Copyright© Design Office Good Offer , 2021 All Rights Reserved.